レーシック・PRK

目の病気やアレルギー体質、ドライアイといった理由でコンタクトレンズを使えない方に、近視矯正手術は有効ですが、その他、職業上どうしても眼鏡やコンタクトレンズが使えないという方にも近視矯正手術は有効手段のひとつとして考えられます。

主流はイントラレーシック

現在の主流はフラップの作成にイントラレースを使用するイントラレーシックが主流です。しかしレーシックというとフラップの作成にマイクロケラトームというカンナのような医療器具を用いていました。ここではそのレーシックとPRKという施術を説明します。

近視矯正手術の方法

代表的な近視矯正手術の方法をご紹介します。

LASIK(Laser in Situ Keratomileusis)レーシック方式

レーシック方式

角膜の表面を、特殊な電動メス(マイクロケラトーム)で薄くめくり、潜水艦のフタのような「フラップ(=ふた)」を作ります。フラップをめくった後、エキシマレーザーをあて、その後再びめくったフラップを元に戻すという術式です。この方法は、角膜の1番外側の角膜上皮部分を残しますので、異物感が比較的少なく、高度近視までをカバーできる手術方法とされています。

かぶせた角膜のフタは、角膜の一番内側の内皮細胞というポンプの役割をする細胞の働きで、2~3分で自然に吸着します。手術当日~翌日くらいまでは少しコロコロしたりモヤがかかったような感じがありますが、その後は視力も安定し異物感も消失します。医師の許可があれば、場合によっては翌日から仕事復帰が可能な場合もあります。

PRK(Photorefractive Keratectomy)ピーアールケー方式

ピーアールケー方式

角膜の1番外側の角膜上皮をエキシマレーザーで取り除いた後、エキシマレーザーを照射し、角膜の表面形状を平坦化させる方法です。角膜が平坦化されると、屈折力も変り、焦点が後方にずれてピントが網膜上で合う状態になります。

手術後すぐに、感染を防ぎ痛みを軽減するための治療用コンタクトレンズを装用します。この間若干の異物感やモヤのかかったような見づらさがありますが、角膜上皮が再生しコンタクトレンズが外れると(2~4日後)、日を追って見え方が向上します。視力は1ヶ月から長くても3ヶ月程度で落ち着き、その後長期にわたって安定します。

ただ、正確な視力や細かい作業が必要な職種では、数日(3~5日)休む必要があるかもしれません。また、手術後にごく軽い角膜の濁りなどの症状が出ることがあります。定期的な検査と眼科専門医の診察及び目薬等の指導に従っていただくことで、1~6ヶ月くらいで治癒します。

おすすめランキング

神戸神奈川アイクリニック
症例実績が国内第二位、アイレーシックは国内No.1の実績を誇ります。芸能人の来院が多いです。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保証期間 日帰り
スタンダードレーシック 15万円(税込) 3年
iFS イントラレーシック 25万円(税込) 3年
アイレーシック 30万〜40万円(税込) 3年〜15年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
46万222症例(2016年8月末日現在) あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 再治療/術後検診・相談/合併症治療 交通費補助で1万円割引 東京(新宿)/大阪(梅田)/福岡
神戸神奈川アイクリニック
新宿近視クリニック
今最も人気が高いクリニック。50000症例以上のドクターが在籍。加藤夏希さんも治療しました。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
SBKレーシック 9.4万円(税込) なし +0円
イントラレーシック 19.8万〜27.8万円(税込) 1〜2年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
10万以上 あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、再手術、合併症治療 学割1万円、託児補助最大1万円、家族割・グループ割など 東京(新宿)
SBC新宿近視クリニック
品川近視クリニック
実績が豊富なドクターの在籍数が一番多い。症例数も118万以上。大手ならではの安心感。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
スタンダードレーシック 7万円(税抜) 1年
イントラレーシック 8.6万〜14.7万円(税抜) 3〜5年
Zレーシック 20.4万〜29.7万円(税抜) 8〜10年 10,000円割引(片目の場合は半額)
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
120万以上 無料 1万円(手術を受ける場合は無料)
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、1回目の再手術 交通費補助が最大1万円 東京(有楽町)/札幌/名古屋/大阪/福岡
品川近視クリニック