加入している保険によっては給付金が支給されます

近視矯正は健康保険の取り扱いのない自費手術となります。しかし生命保険に加入している場合、生命保険会社および契約内容によっては、「レーザー角膜屈折矯正手術」の治療・手術を受けたということで、生命保険から保険金として手術代金の一部が支払われることもあります。

保険会社へ確認しよう

最近の契約ではレーシックは対象外となるケースが多いと聞きます。しかし加入の時期によっては手術給付金の対象となります。詳しくはご加入の保険会社へ問い合わせてください。

生命保険の手術給付金について

保険会社へ手術給付金の請求をする場合、診断書の作成が必要になります。保険会社へお尋ねの際、給付金申請用の診断書フォーマットを取り寄せましょう。保険会社に給付金申請用の診断書フォーマットがない場合、クリニック独自のフォーマットで診断書を用意してくれます。

医療費控除について

年間の医療費が10万円を超えたときは確定申告をすることで医療費控除を受けることができます。その際に領収書は必要となるので大切に保管しておきましょう。

おすすめランキング

神戸神奈川アイクリニック
症例実績が国内第二位、アイレーシックは国内No.1の実績を誇ります。芸能人の来院が多いです。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保証期間 日帰り
スタンダードレーシック 15万円(税込) 3年
iFS イントラレーシック 25万円(税込) 3年
アイレーシック 30万〜40万円(税込) 3年〜15年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
46万222症例(2016年8月末日現在) あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 再治療/術後検診・相談/合併症治療 交通費補助で1万円割引 東京(新宿)/大阪(梅田)/福岡
神戸神奈川アイクリニック
新宿近視クリニック
今最も人気が高いクリニック。50000症例以上のドクターが在籍。加藤夏希さんも治療しました。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
SBKレーシック 9.4万円(税込) なし +0円
イントラレーシック 19.8万〜27.8万円(税込) 1〜2年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
10万以上 あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、再手術、合併症治療 学割1万円、託児補助最大1万円、家族割・グループ割など 東京(新宿)
SBC新宿近視クリニック
品川近視クリニック
実績が豊富なドクターの在籍数が一番多い。症例数も118万以上。大手ならではの安心感。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
スタンダードレーシック 7万円(税抜) 1年
イントラレーシック 8.6万〜14.7万円(税抜) 3〜5年
Zレーシック 20.4万〜29.7万円(税抜) 8〜10年 10,000円割引(片目の場合は半額)
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
120万以上 無料 1万円(手術を受ける場合は無料)
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、1回目の再手術 交通費補助が最大1万円 東京(有楽町)/札幌/名古屋/大阪/福岡
品川近視クリニック